ビットコインキャッシュ(BCH)とは?ビットコインとの違いや今後の将来性、価格とチャート、購入できる取引所がこれで分かる

2009年、世界初の仮想通貨としてビットコインが誕生しました。

ビットコインは、決済用だけでなく仮想通貨取引の基軸通貨として採用され、現在では最も高価で安定した仮想通貨として世界中で取引が行われるようになりました。

しかし、ビットコインは完璧な仮想通貨ではありません。ビットコインは基軸通貨としての取引量の大きさからスケーラビリティ問題と常に隣り合わせになっています。

ビットコインのスケーラビティ問題

ビットコインでは複数の取引データをひとつのブロックに格納し、ブロックの容量が上限に達した段階で処理を開始します。

ビットコインのブロックサイズには1MBという制限があります。

この制限が大きな問題となりました。取引量が大きくなるにつれて取引の処理が間に合わなくなり、大幅な延滞を引き起こしたのです。

取引が完了するまでに数時間かかるケースも発生し、決済用通貨としての役割を果たせなくなってしまいました。

これがビットコインのスケーラビティ問題です。ビットコインのコミュニティはこの問題を解決するために議論を重ねてきました。

ビットコインキャッシュの誕生

前述の通り、ビットコインにはスケーラビリティ問題があり、取引量が大きくなると取引処理に大幅な延滞が発生していました。

深刻化する問題に対して、ビットコインのコミュニティは二つの解決策を考えました。

Bitcoin Unlimited と SegWit2x です。

Bitcoin Unlimited

Bitcoin Unlimited は、ビットコインのスケーラビリティ問題を、ブロックサイズの制限を完全に取り除くことで解決しようとする考えです。

ブロックサイズに制限がなければ、膨大な取引を以前とは比較にならないほどのスピードで処理することができます。

ビットコインのブロックチェーンを支えるマイナーも、マイニング報酬が大きくなることから大多数は賛成をしました。

しかし、コア開発者たちは違いました。Bitcoin Unlimited はブロックチェーンが壊れてしまうリスクもあり、成功してもマイナーの影響力が大きくなりすぎると反対をしたのです。

また、Bitcoin Unlimited はハードフォークであり、実行されればこれまでのブロックチェーンと互換性のないブロックチェーンが生まれ分岐することになります。

そのリスクをコア開発者たちは危険視し、ソフトフォークであるSegwit2x を支持することになります。

SegWit2x

SegWit2x は、ブロックサイズはそのままに、ビットコインの取引データを軽くすることで、取引の承認スピードを上げることでスケーラビティ問題を解決することです。

ビットコインの取引データの中には、決済や送金の際に付与されるユーザーの署名も格納されていますが、

SegWit2x では、ユーザーの署名を取引データから分離させることで取引処理を軽量化することができます。

ひとつのブロックに格納できる取引データが大きくなることで、取引処理を高速化することができ、延滞を解消することができます。

また、SegWit2x はソフトフォークであり、実施されたとしてもこれまでのブロックチェーンと互換性で分岐はせず、ひとつのブロックチェーンを維持できます。

ビットコインのコア開発者を中心としたコミュニティはSegWit2x を支持しました。

結果的に、ビットコインはSegWit2xを採用

コミュニティで激しい議論が行われた後、ビットコインのコミュニティはSegWit2xを採用し、実行することになりました。

しかし、SegWit2xに反対をしていたマイナーたちはこれに反対し、ビットコインのブロックチェーンから分岐させた新しい仮想通貨を発行することになります。

SegWit2xに反対するマイナーたちは、SegWit2xによりビットコインのブロックサイズが1MBから2MBに拡張されてもスケーラビティ問題は解決されず、先延ばしただけと考えていたのです。

こうして、ビットコインから分岐する形でビットコインキャッシュが発行されることになります。

ビットコインキャッシュは、ビットコインのスケーラビティ問題を解決しようとする過程の中で誕生したのです。

ビットコインキャッシュの基本情報

仮想通貨名:ビットコインキャッシュ

通貨単位:BCH

発行上限枚数:2,100万ETC

ブロックサイズ:8MB(最大32MB)

発行日:2017年8月1日

利用用途:送金、決済

主な取引所:ビットフライヤー、Zaif、GMOコイン、コインチェック、DMM Bitcoin など

公式サイト

ビットコインとビットコインキャッシュの違い

ビットコインキャッシュはビットコインから分岐して生まれた仮想通貨ということもあり、基本的な機能や性能はほぼ同じです。

しかし、ビットコインキャッシュはビットコインのスケーラビティ問題を解決し、通貨としての流動性を高めることを念頭においてアップデートが進められています。

ブロックサイズがビットコインより大きい

ビットコインのブロックサイズ2MBに対して、ビットコインキャッシュは8MBとなっており、最大で32MBまで拡張することができます。

将来的に、さらにビットコインキャッシュのブロックサイズを拡張するアップデートも予定されています。

ブロックサイズを大きくすることで取引処理の速度が上がり、手数料の高騰も防ぐことができます。

ビットコインキャッシュでは、取引量が大きくなっても問題が起きないように柔軟に対応ができるようになっているのです。

SegWit2xにより、ビットコインのブロックサイズはこれまでの2倍になりました。しかし、手数料の高騰や、取引処理の延滞を大幅に改善させるほどの効果は正直ありませんでした。

ビットコインキャッシュは、ブロックサイズを大きくするこでスケーラビティ問題をほぼ解決しており、支払い方法としての性能を向上させています。

ビットコインキャッシュの価格とチャート

ビットコインキャッシュの価格

現在のビットコインキャッシュの価格と時価総額は上記の通りとなっています。

ビットコインキャッシュのチャート

ビットコインキャッシュのチャートを見てみると、2018年の1月には1BCH=400,000円以上を推移していましたが、現在は価格を落とし、1/4程度になっています。(2018年6月18日)

仮想通貨市場の低調さに引っ張られてしまい、ビットコインキャッシュの価格も徐々に下がっているようです。

ビットコインキャッシュの時価総額

ビットコインとは差があるものの、ビットコインキャッシュの時価総額は1兆円を超え、仮想通貨4位に位置しています。(2018年6月18日)

ビットコインキャッシュの取引

ビットコインキャッシュの取引ではUSDTとBTC建てでの取引が多く、取引所では、香港を拠点とするOKExでの取引が多いようです。

OKExはビットコインキャッシュを基軸通貨として採用し、BCH建ての取引が可能なことがシェアを大きくしている理由かも知れません。

他の取引所を引き離す程ではなく、HitBTCやHoubiなどでの取引も多く分散化されている印象です。

ビットコインキャッシュの今後の将来性

ビットコインキャッシュの今後の将来性に関しては、実用化がどれだけ進むかが重要になってきそうです。

ビットコインから分岐して誕生したビットコインキャッシュですが、まだまだ時価総額や取引量に差があります。

今後、ビットコインの性能が向上した場合、ビットコインキャッシュは一気にその存在価値を失ってしまうことにもつながりかねません。

しかし、ビットコインキャッシュの実用化に向けた動きは加速しており、今後の将来性にも期待がもてるようになっています。

ビットコインキャッシュを基軸とする取引所が登場

これまで仮想通貨取引所ではビットコインを基軸通貨とし、ビットコイン建てで取引を行うことが普通でした。

しかし、ここ最近ではビットコインキャッシュを基軸通貨として、ビットコインキャッシュ建てで取引を行うことができる取引所が増えてきています。

香港に拠点を置き、急速な成長を見せる KuCoin

イギリスに拠点を置く CoinEx

ビットコインキャッシュ取引量1位 OKEx

基軸通貨として採用されるには、仮想通貨としての信頼性や安定性が必要です。

ビットコインに比べれば取引所の数はまだまだですが、市場の信頼を得ている証明になります。

今後もビットコインキャッシュを基軸とする取引が増えていけば、ビットコインキャッシュの取引量もさらに大きくなるでしょう。

実用化を促進するサービスの存在

ビットコインキャッシュの通貨としての性能の高さから、ビットコインキャッシュを利用したサービスがリリースされています。

例えば、仮想通貨の支払いをサポートするbitpayはビットコインに加えてビットコインキャッシュでの支払いに対応しました。

bitpayはマイクロソフトに導入がされています。つまり、マイクロソフトにおける支払いに関してビットコインキャッシュが利用できるようになったのです。

また、ビットコインの取引処理の遅さや、手数料の高さを敬遠し、ビットコインの代わりにビットコインキャッシュを支払い方法として受け入れる店舗も増えています。

仮想通貨全体の問題点として、実用化の進捗が想定より進んでいないことが挙げられまが、ビットコインキャッシュに関してはその心配はなさそうです。

仮想通貨業界の有力者がビットコインキャッシュを支持

ビットコインキャッシュは仮想通貨業界における有力者の支持があり、大きなサポートを受けている仮想通貨のひとつです。

例えば、中国の大手マイニングカンパニーであるBitmain社のジハン・ウー氏。ビットコインキャッシュの誕生に深く関わった人物であり、強力な資本力とハッシュパワーを保有しています。

米国出身の著名なエンジェル投資家であり、仮想通貨業界内で大きな影響力をもつロジャー・バー氏も、ビットコインキャッシュをビットコインの問題を解決する通貨として支持を表明しています。

日本においては、SBIホールディングスの北尾会長がビットコインキャッシュのマイニングへの参入を表明しており、ビットコインキャッシュへ大きな可能性を感じていることが分かります。

実用化への動きも進んでおり、スケーラビティ問題にも柔軟に対応できる。また、手数料も安価で、業界の有力者からの支持を得ていることから、ビットコインキャッシュの今後の将来性には期待ができるのではないでしょうか。

ビットコインキャッシュが購入できる取引所

ビットコインキャッシュは取引量や時価総額でも仮想通貨上位に位置する通貨であるため、40以上の取引所に上場しています。(2018年6月18日)

また、ビットコインキャッシュは、金融庁が事実上認定した仮想通貨のリストであるホワイトリストに含まれています。

そのため、ビットコインキャッシュは国内の取引所の多くで売買を行うことができ、取引に困ることはないでしょう。

以下の取引所でもビットコインキャッシュを購入できるため、口座の開設をおすすめいたします。

  icon-desktop 仮想通貨取引を始める

人気の仮想通貨取引所を紹介。使いやすさやセキュリティにも優れた取引所です。

 icon-btc bitflyer – ビットフライヤー
bitflyerは国内ビットコイン取引NO.1の仮想通貨取引所です。金融業界出身者による経営陣により運営がされており、三菱UFJフィナンシャル・グループ、みずほグループ、三井住友銀行グループなどの大手金融グループからの出資も受けています。

 icon-building GMOコイン
インターネット関連事業を行う東証1部上場企業、GMOインターネット株式会社が運営するGMOコイン。多様なテクニカル指標と取引方法が可能なのが特徴。

 icon-eur Zaif – ザイフ
Zaifはビットコインだけでなく、ネムやリップル、モナコインなどのアルトコインの取り扱いが豊富な仮想通貨取引所です。AirFXでは現物取引に近い形で最大25倍のレバレッジ取引が追証なしで可能となっています。