ビットフライヤー(bitFlyer)とは?特長や使い方を解説。手数料や取引所としての評判は? 取り扱いコインは? 口座開設の方法もガイド

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットフライヤー(bitFlyer)はビットフライヤー社が運営する最大手の仮想通貨取引所で、国内最大のビットコイン取引量を誇る取引所です。

ビットコインだけでなく、イーサリアムやビットコインキャッシュ、リスクやネム、モナコインなどのアルトコインの取り扱いもあり、初級者から上級者までおすすめできる仮想通貨取引所として多くの仮想通貨ユーザーに利用されています。

ビットフライヤーの設立は2014年1月9日、世界最大の証券会社ゴールドマン・サックス出身の加納裕三氏によって創設されました。ビットフライヤーは業界団体である日本ブロックチェーン協会 (JBA)の設立も主導し、加納氏はその理事長にも就任しています。ビットフライヤーの経営陣には金融業界出身者が多く、金融業界に精通しているため取引所としての安心感、信頼性は非常に高いと評価されています。

日本の仮想通貨業界を牽引する存在となったビットフライヤー、そのビットフライヤーの特徴や、口座開設から入金方法、取引所の使い方、手数料や評判、取り扱いコインなどについて紹介していきます。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットフライヤーの特徴

ビットフライヤーは、ゴールドマン・サックスなどでエンジニアやトレーダーとして活躍した加納裕三氏によって創設された仮想通貨取引所です。取引所だけでなく、ビットコインの基幹技術であるブロックチェーンを応用したプロダクトも提供しています。
ビットフライヤー 加納祐三氏の紹介

加納氏によると、2013年、FRB(連邦準備制度理事会)の議長だったベン・バーナンキ氏が、「ビットコインには長期的には可能性をもつ領域があるかもしれない」という趣旨の発言をしたことを受けて起業を決意、3ヶ月後にビットフライヤーを創設しました。

その後、国内最大の仮想通貨取引所に成長したビットフライヤー、どのような特徴をもっているのでしょうか。

トップクラスの資本力に裏づけされた信頼の高さ

ビットフライヤーの現在の資本金は41 億 238 万円(資本準備金含)、これは国内の仮想通貨取引所の中で最大規模です。仮想通貨取引所は資本力の小さいベンチャー企業が多い中、ビットフライヤーは大企業並みの資本力があります。

ビットフライヤーの株主も三菱UFJフィナンシャル・グループ、みずほファイナンシャルグループ、SMBCグループ、電通グループなど金融機関を中心に日本を代表する企業からの出資を受けています。仮にビットフライヤーにおいて、コインチェックのNEM不正流出事件のようなことが起き、経営が困難になっても株主が救済に乗り出すと想定がされるため、ユーザーにとっても倒産のリスクが低く安心ができます。

ビットフライヤー 株主

bitFlyer公式へ

金融業界出身者による経営陣

加納氏を含め、ビットフライヤー経営陣の多くは金融業界出身者が占めます。他の仮想通貨取引所の経営陣はIT業界出身者が多く、金融業界での経験がない場合も多いです。

仮想通貨業界では既存の金融業界を踏襲する形で制度や法整備が行われているため、経営陣の金融業界での経験が豊富なことは金融庁との調整を行っていく上でも大きなメリットとなります。また、金融業界で経験を積んできたからこそ、利益追求だけでなく取引所のセキュリティを重要としている姿勢もユーザーから見れば非常に評価できます。

実際、ビットフライヤー経営陣の金融業界での経験は高く評価され、30億円以上の資金調達も成功させています。取締役の2名もゴールドマン・サックス出身のエリート集団です。
ビットフライヤー 役員・経営陣の紹介

国内最大のユーザー数と、ビットコイン取引量

ビットフライヤーは国内最大のユーザー数とビットコイン取引量を誇る取引所です。既に会員数は100万人を突破しており、現在も伸び続けています。

取引量も膨大です。2018年3月の時点では、月間で10兆円近い取引量があり国内最大規模となっています。ビットコインに関していえば、世界のビットコイン取引の約半分が日本円での取引となっており、その9割をビットフライヤーでの取引が占めます。

ビットコイン 通貨別取引量つまり、ビットフライヤーは世界のビットコイン取引の約4~5割を占めることになります。世界的に見てもトップクラスの取引規模を誇る取引所であるといえるでしょう。

ビットコイン 国内の仮想通貨取引所 シェア

bitFlyer公式へ

シンプルなサイトと使いやすいアプリ、取引ツールも充実

ビットフライヤー アカウント画面ビットフライヤーはWEBとアプリでサービスを提供しています。どちらもデザインはシンプルで、使いやすいつくりとなっておりユーザーからも好評です。実際の取引において操作に迷うことも少ないでしょう。資産状況や取引レポートについても簡単にチェックが可能です。

ビットフライヤーの会員になれば、プロ向けの取引所であるbitFlyer Lightning(ビットフライヤーライトニング)も利用できます。ビットコインの現物・FX・先物取引、アルトコインの現物の取引に対応し、最大 15 倍のレバレッジ取引が可能で、価格の値上り値下り双方で利益を狙うことができます。

また、仮想通貨の売買においてはスマホを主に使っているユーザーも多いと思います。ビットフライヤーではアプリをダウンロードすることで、スマホに最適化されたインターフェースでの仮想通貨の売買ができます。24時間どこでもスマホで取引が可能です。

ビットフライヤー アプリUI

ビットフライヤーは初心者には使いやすく、プロ投資家にもおすすめできる取引所となっています。

取引は販売所形式と取引所形式を採用

ビットフライヤーでの仮想通貨の取引形式は「販売所形式」と「取引所形式」の2種類があります。

ビットフライヤー 販売所販売所形式とは、ユーザーが仮想通貨の売買をビットフライヤーと行う仮想通貨の取引形式です。提示されている価格での売買がワンクリックですぐに成立します。

メリットは、取引が簡単ですぐに売買が成立することです。購入または売却したい仮想通貨の数量を指定し注文を出すだけ即時に売買が完了します。

デメリットは、手数料が高いということです。手数料のひとつである「スプレッド」により、ユーザーは市場価格より高い価格で購入をし、市場価格より安い金額で売却を行うことになります。スプレッドの金額は市場の状況にも左右され、高いと10%以上のスプレッドが大きくなる場合もあります。

ビットフライヤーでは、ビットコイン、イーサリアム、イーサリアムクラシック、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、モナコイン、リスクの計7種類の仮想通貨を販売所形式で売買することができます。

ビットフライヤー 取引所取引所形式は、ビットフライヤーが仲介の元でユーザー同士が仮想通貨の売買を行う取引形式です。ユーザーは希望する価格で仮想通貨の売買の注文を行うことができます。

販売所形式では売買価格を見て数量を指定するだけでしたが、取引所形式では価格も指定します。

ユーザーは買いたい、または売りたい仮想通貨の価格を指定し、注文を出します。他のユーザーの希望売買価格がその価格を満たすものであれば取引が成立します。よってあまりにも市場価格と掛け離れた注文は成立しません。

メリットは、手数料の安さです。販売所形式と違いスプレッドはありません。取引手数料はビットコインの現物取引の場合、売買価格の0.01% ~ 0.15% となっており、小さいコストで取引を行うことができます。

デメリットは、指定した売買価格が折り合わず、販売所形式のよう即時に取引が成立しない場合があります。仮想通貨は価格の変動が激しいため、いざという時に注文が通らないと損失がでることもあり得ます。また、注文方法などの操作が販売所と比べて少し複雑でもあります。

緊急時には販売所形式の方が安定して取引を成立させることができるため、上手く使い分けることが重要です。

bitFlyer公式へ

充実した補償制度

取引所に仮想通貨を預け入れをする際にリスクになるのが、資金の盗難です。不正なログインにより資金を不正に出金・送金されてしまう事件は少なくありません。そこで重要になるのが利用する取引所の盗難に対する補償です。

ビットフライヤーは顧客保護の観点から、不正な日本円出金に対する補償制度があります。メールアドレス・パスワード等の盗難によって不正に日本円が出金されてしまった場合、以下の補償を受けることができます。

ビットフライヤー 補償内容

注意しなければいけないのが、二段階認証を登録していないユーザーに関しては補償を受けることができないということと、不正な日本円出金に対してのみ補償を受けられるということです。つまり、不正ログインにより、ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を他の口座に不正送金されても補償を受けることはできません。

日本円の不正出金に対してのみの限定的な補償ではありますが、万が一被害に遭った時のために二段階認証の設定は必ずしておきましょう。

セキュリティには高い評価

ビットフライヤーのセキュリティは世界でもトップクラスであると高い評価受けています。

WEBセキュリティ・プラットフォームを提供するsqreen社は、世界の仮想通貨取引所のセキュリティレベルをチェックし、どの取引所で仮想通貨を購入するべきかを発表しました。結果として、ビットフライヤーは世界一のセキュリティを誇る取引所という評価を受けることになりました。

コインチェックのNEM不正流出事件以降、仮想通貨取引所はセキュリティをより強固なものにすることを求められてきました。ビットフライヤーはセキュリティ・ファーストを掲げ、顧客資産保護を経営上の最優先課題として取り組んでいます。

以下は、ビットフライヤーが公表しているセキュリティ・ファーストの詳細です。

1.ビットフライヤー及びビットフライヤーグループは、全社一丸となり最新セキュリティ技術を導入し、お客様にご安心いただけるセキュリティ管理体制を維持し続けます。

2.ビットフライヤー及びビットフライヤーグループは、顧客資産保護のため必要なセキュリティ対策を策定し実施します。

3.ビットフライヤー及びビットフライヤーグループは、万が一セキュリティに関する事故等が発生した場合には、金融庁、警察庁、警視庁及び日本ブロックチェーン協会(以下、「JBA」)と連携し、速やかに
適切な措置を実施するとともにその状況を当局等に報告します。

4.ビットフライヤー及びビットフライヤーグループは、セキュリティに関する内部監査体制を構築し、セキュリティ対策の継続的な改善・見直しを実施します。

5.ビットフライヤー及びビットフライヤーグループは、セキュリティの重要性を常に認識し、各種法令・内部規程を遵守します。

ビットフライヤーは、金融庁の審査を経て、2017 年 9 月に仮想通貨交換業者としての登録を終えております。仮想通貨業界のリーディングカンパニーとして、以下のチームを中心に各種法令・内部規則を遵守しております。

・金融機関、中でも特にリスクに精通した分野出身の経営陣
・CISO(Chief Information Security Officer)を中心としたサイバーセキュリティチーム
・金融機関でのコンプライアンス業務経験者によるコンプライアンスチーム
・国内大手弁護士事務所出身の弁護士、米国及び欧州の弁護士チーム

この通り、ビットフライヤーは他の仮想通貨取引所と比較してかなり高いセキュリティへの意識をもっていることが分かります。また、ビットフライヤーはコールドウォレットやマルチシグなどのセキュリティ技術についても今後一層の高度化を目指すとしています。

取引所のセキュリティは仮想通貨取引において非常に重要な要素ですが、ビットフライヤーのセキュリティは現段階では世界最高峰のセキュリティとして信用ができそうです。

取り扱い仮想通貨

ビットフライヤーで取り扱っている仮想通貨は、ビットコイン、イーサリアム、イーサリアムクラシック、リスク、モナコイン、ライトコイン、ビットコインキャッシュの計7種類となっており、今後も取り扱い銘柄は増えていくでしょう。各仮想通貨の資産状況についてはアカウント上で確認ができます。
ビットフライヤー 取り扱い仮想通貨 icon-lightbulb-o コインチェック、匿名通貨の取り扱いを停止
3月16日、コインチェックで仮想通貨モネロ(monero)、ダッシュ(DASH)、Zcash(ゼットキャッシュ)の取り扱いを停止することが発表されました。これらの通貨は匿名通貨と呼ばれ、送信先を追跡できず、資金清浄やダークウェブでの非合法な取引に使われているとの指摘されていました。これにより、ビットフライヤーにおいても、匿名性のある仮想通貨の取り扱いは困難になりました。

bitFlyer公式へ

取引手数料

ビットフライヤーの取引手数料は、売買する仮想通貨がビットコインかアルトコインか、取引所形式か販売所形式か、また、取引量によっても変動します。

販売所形式のビットコイン・アルトコインの売買手数料は無料

販売所形式のビットコイン・アルトコイン売買手数料は当分無料となっています。しかし販売所形式での売買ではスプレッドは別途かかり、市場価格よりも高い価格で購入し、市場価格よりも安い価格で売却することになります。

売買手数料は無料だからといっても、このスプレッドは実質手数料のようなものなので注意しましょう。販売所形式とスプレッドがない取引所形式を比べると当然、販売所形式の方が手数料が高く売買にかかるコストは大きいです。その代わり、即時に売買が完了するというメリットもあります。

ビットコインに関しては取引所形式でも売買ができるため、スプレッドがかからない分、手数料を抑えることができます。緊急の場合を除いては売買コストが低い取引所形式での売買がいいでしょう。

また、後述する取引ツール、ビットフライヤーライトニングでのビットコインFXでの売買手数料も無料となっています。

取引所形式でのビットコインの売買手数料は0.01%~0.15%、取引量によって変動

取引所形式でのビットコイン売買手数料は0.01%~0.15%となっています。取引所形式の場合はスプレッドがないため売買コストは取引所形式よりも低く抑えることができます。

取引所形式の場合には、ビットフライヤーでの直近 30 日のビットコイン取引量によって売買手数料が変動します。
ビットフライヤー ビットコイン 手数料

アカウント及び口座開設から取引開始まで

ビットフライヤー 取引開始まで

ビットフライヤーの口座開設から取引の開始までは大きく3STEPあり、

1.取引開始に必要な情報の入力(アカウントの作成と登録)

2.日本円の入金

3.  情報の審査と承認

まずはビットフライヤー公式サイトへアクセスし、アカウントを作成しましょう。

bitFlyer公式へ

アカウントの作成

ビットフライヤー 公式サイトビットフライヤー公式サイトへアクセスし、メールアドレスを登録しましょう。登録後、ビットフライヤーからメールが届き、キーワード、ログイン用メールアドレス、パスワードが発行されます。アカウント作成を進めるために、キーワードの入力が求められます。

bitFlyer公式へ

ビットフライヤー 公式サイトキーワードを登録すればアカウントが作成されアカウント画面に遷移します。

ビットフライヤー アカウント画面
ビットフライヤーのアカウントクラスはウォレットクラスとトレードクラスのふたつのレベルがあり、アカウント開設直後はウォレットクラスになっています。ウォレットクラスの状態では取引を行うことができません。本人情報を入力し、必要な資料を提出することでトレードクラスにアップグレードされてようやくビットフライヤーで取引が始められます。
ビットフライヤー 口座開設 アカウント情報

二段階認証を設定する

二段階認証はビットフライヤーをはじめとした仮想通貨取引所で取引を行う場合には必ず設定を行うべきセキュリティになります。

ビットコインなどの仮想通貨を取引所のウォレットに保管する際に、二段階認証をしていないと盗難にあう可能性が高くなります。逆に、二段階認証設定をしておけば盗難の可能性は限りなくなくなり、仮に盗難されてしまった場合でもビットフライヤーでは上限つきで補償も受けられます。

ビットフライヤー 二段階認証ビットフライヤーでは、モバイル認証アプリでの認証の他に、携帯電話のSMSやメールでの認証も可能となっています。複数の取引所を使う場合には二段階認証アプリでの認証がお勧めです。

二段階認証を済ませた後は、本人情報の登録や確認書類の提出、電話番号の認証、銀行口座の登録など流れに沿って進めます。

全ての情報を入力した後にビットフライヤーから書留郵便が自宅まで送られてきます。これを受け取ることで本人確認が完了し、ウォレットクラスからトレードクラスにアップグレードされビットフライヤーでの取引が開始できます。

bitFlyer公式へ

ビットフライヤーの使い方

ビットフライヤーの使い方はそこまで複雑ではありません。取引形式は前述した通り、販売所形式と取引所形式のふたつで、販売所形式ではビットコインとアルトコインが、取引所形式ではビットコインが売買できます。取引をはじめるにあたり、メニュータブ「入出金」からビットフライヤーの銀行口座を確認し入金を行いましょう。

ビットフライヤーへの入金

ビットフライヤー 口座開設 入金ビットフライヤーへの三井住友銀行と住信SBIネット銀行のふたつの銀行口座へ振込みをすることによって入金ができるようになります。住信SBIネット銀行の場合は振込人名義をビットフライヤーより指定がありますのでその通りにして振込みを行います。

銀行窓口の営業時間の振込みであれば、早ければ即日に入金が完了し取引を始めることができます。

以前まで受付をしていたクレジットカードでの仮想通貨の購入は停止しており、銀行振込みがビットフライヤーへの日本円入金唯一の方法となっています。

bitFlyer Lightning(ビットフライヤーライトニング)

ビットフライヤーライトニング 取引画面ビットフライヤーはbitFlyer Lightning(ビットフライヤーライトニング)という取引ツールを提供しています。ビットフライヤーライトニングでは高機能なチャートシステムを使ってビットコインとイーサリアムの現物取引ができる他、ビットコインFXをサポートしており、最大25倍のレバレッジをかけた取引を行うことができます。

ビットコイン含めた仮想通貨はボラテリティ(価格変動率)が高く、FXでは大きな利益が見込める一方、損失のリスクも非常に高いというデメリットもあります。FXのリスクをよく理解した上で行いましょう。

ビットフライヤーの評判は上々、仮想通貨取引所としては世界的に見てもトップレベル

ビットフライヤーは資本金、株主、セキュリティ体制、取引画面の使いやすさ、取引ツールどれをとっても仮想通貨取引所として高い水準となっており、世界的に見てもトップクラスの取引所であることに間違いはないでしょう。

特に評判がいいのは国内取引所最大を誇る資本金と、国内トップクラスの企業による株主構成、世界最高と評価されたセキュリティ体制です。

仮想通貨取引所は規模の小さいベンチャー企業が運営している場合が多く、その資本力の乏しさから企業としての信頼性に不安を感じるユーザーも多くいます。ビットフライヤーは大手上場企業並みの資本力があり、大手金融機関を中心とした株主から出資を受けていることがユーザーからの信頼につながっています。

また、セキュリティに関しても、他の取引所と比較して高い水準のセキュリティ体制と技術を有しており、世界で最高のセキュリティを構築している取引所としても評価されました。

金融庁の厳しい立入り調査が実施された際にも、Zaifやコインチェック、その他の多くの取引所が業務改善命令を受けたのに対して、ビットフライヤーは金融庁から何も指摘を受けませんでした。国もビットフライヤーのセキュリティ体制に関して評価をしていることが分かります。

2018年1月に発生したコインチェックの仮想通貨NEM不正流出は、手数料の安さや使いやすさだけでなく、ユーザーに取引所の倒産や、セキュリティを強く意識させることになりました。ビットフライヤーは業界を担う存在であり、今後の仮想通貨市場において重要な役割を果たしていくことになります。仮想通貨取引所としてビットフライヤーは非常に良い選択肢となるでしょう。

bitFlyer公式へ