コインチェック、NEM不正流出に関する補償の実行と、一部仮想通貨の出金、売却を再開

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

3月12日、コインチェックは仮想通貨NEM不正流出に関する補償の実施と、一部仮想通貨の出金、売却を再開すると発表した。

補償は事前発表の通り日本円で補償

NEMの補償は事前に発表されていた通り、1XEM=88.549円として保有分を日本円で補償する。補償は12日中に実行されるとのことだ。

仮想通貨NEMの不正送金に係る補償について

補償日時:2018年3月12日中
補償金額:88.549円 × 日本時間2018年1月26日 23:59:59時点での保有数
補償対象:日本時間2018年1月26日 23:59:59時点でNEMを保有していたお客様

補償は預金口座への振込ではなく、アカウントの残高に補償金額(日本円)を反映する方法で行われる。預金口座への出金については別途申請が必要で、出金処理は申請順に順次対応していくとのことだ。

NEM補償に関して、関心が集まっているのは課税問題だ。NEM保有分を日本円で補償された場合、課税対象になるのかどうか議論が行われてきた。

この件について、コインチェックは「課税関係につきましては、現在、国税当局に相談を開始した段階にございます。取り扱いが分かり次第アナウンスを致します。」としているが、現段階で言えば、補償であっても利益が出ている場合、課税対象になるとの見方が大勢となっている。ただ、課税対象となるか否かにかかわらず、平成29年分の確定申告に影響を及ぼすものではないとのことだ。

 icon-dedent 不正に送金された仮想通貨NEMの保有者に対する補償について

一部仮想通貨の取引が再開

補償実施と同時に、一部仮想通貨の取引再開も発表された。外部専門家による協力のもと技術的な安全性等の確認がとれたことにより、一部仮想通貨の出金・売却を再開する。

流出した仮想通貨NEMや、匿名通貨であるDASH、Monero、Zcash、その他AugurとFactomの取引は再開の対象となっておらず、引き続き停止をする。

コインチェックは金融庁より、取り扱いのある仮想通貨のマネーロンダリングなどのリスク調査と報告を求められており、これらの通貨はその影響を受けたと見られる。

一部仮想通貨の出金・売却再開について

再開日時:2018年3月12日(順次)
再開機能:一部仮想通貨の出金、売却(入金、購入は対象外となります)
出金再開対象仮想通貨:ETH、ETC、XRP、LTC、BCH、BTC
売却再開対象仮想通貨:ETH、ETC、XRP、LTC、BCH(BTCは当初より停止を行なっておりません)

送金については、既にかなりの申請がされている影響で完了までに数日程度時間がかかる場合もあると理解を求めた。

 icon-dedent 一部仮想通貨の出金、売却再開のお知らせ

不正流出から約1ヵ月半、コインチェックは失った信頼を取り戻せるか

NEM不正流出により倒産の可能性も囁かれていたコインチェックだが、数百億円もの日本円での補償を実施する形で取引所の再開になんとか漕ぎつくことができた。市場も一安心といったところだろう。

失った信頼を取り戻すために、コインチェックには、一層の内部管理体制及び経営管体制の抜本的な見直し、顧客保護を徹底した経営戦略が求められる。

  icon-desktop 仮想通貨取引をはじめる 

人気の仮想通貨取引所を紹介。使いやすさやセキュリティにも優れた取引所です。

 icon-btc bitflyer – ビットフライヤー
bitflyerは国内ビットコイン取引NO.1の仮想通貨取引所です。金融業界出身者による経営陣により運営がされており、三菱UFJフィナンシャル・グループ、みずほグループ、三井住友銀行グループなどの大手金融グループからの出資も受けています。

 icon-building GMOコイン
インターネット関連事業を行う東証1部上場企業、GMOインターネット株式会社が運営するGMOコイン。多様なテクニカル指標と取引方法が可能なのが特徴。

 icon-eur Zaif – ザイフ
Zaifはビットコインだけでなく、ネムやリップル、モナコインなどのアルトコインの取り扱いが豊富な仮想通貨取引所です。AirFXでは現物取引に近い形で最大25倍のレバレッジ取引が追証なしで可能となっています。