モナコインとは?特徴や最新の価格、チャートからみる今後の将来性。購入できる取引所と買い方も紹介

日本発の仮想通貨として注目を集めるモナコインは、インターネット掲示板として有名な2ちゃんねるのアスキーアート「モナー」をモチーフにしている国産の仮想通貨だ。2014年1月1日に発行がされ、現在では国内だけでなく海外の仮想取引所にも上々し世界中で取引がされている。

発祥はインターネット掲示板2ちゃんねるだ。海外掲示板発祥の仮想通貨Dogecoinに触発された2ちゃんねるユーザーのWatanabe氏とその有志より、仮想通貨ライトコインをベースに開発がされた。

当初はネタコインとの見方が大勢であったが、即時決済や手数料の小ささなどライトコインをベースにした性能の良さが評判となり、モナコイン決済を取り入れる店舗の出現や関連プロダクトが登場したことが市場の注目を集め、価格高騰の要因となった。

そのモナコインの特徴と価格、チャートや取引所での買い方など、今度の将来性についても紹介していきたい。

モナコインの特徴

icon-lightbulb-o モナコインの基本情報

icon-check 【通貨単位】MONA
icon-check 【発行日】2014年1月1日
icon-check 【発行上限枚数】1億512万枚
icon-check 【時価総額】270億円 仮想通貨全体61位(2018年3月9日 現在)
icon-check 【開発言語】JavaScript
icon-check 【取り扱い仮想通貨取引所】Zaif(ザイフ)、bitFlyer(ビットフライヤー)

モナコインはライトコインをベースに開発がされているため、その性能と特徴もライトコインに似たものになっている。

即時決済

モナコインは取引決済の早さが特徴だ。決済スピードの早さを示すブロック作成間隔は約90秒、ビットコインの約10分と比較すると取引承認は格段に早い。

また、モナコインは世界で初めてセグウィット(Segwit)を実装した仮想通貨だ。セグウィットは取引データの容量を小さくし決済の処理速度を向上させる技術で、モナコインは仮想通貨に中でもトップクラスの処理能力の高さを実現している。

ビットコインは取引量が大きくなったことでネットワークの混雑が発生、取引や決済の完了までに数時間かかることもあり、基軸通貨でありながらも実用性に欠けると問題になっていた。モナコインではこのようなことは起きないだろう。

実用化が進んでいる

世界には1,000種類以上の仮想通貨が存在するが、実際に使用できる実用化された仮想通貨は少数で、今後も多くの仮想通貨が実用化されないままプロジェクトを終了させるかもしれない。その点、モナコインは既に実用化が進んでおり、オンラインショップや店舗での決済、SNSでの投げ銭などに使用することができる。代表的な使用用途を紹介したい。

 icon-shopping-cart ビットコインモール

ビットコインモールはビットコインとモナコインで買い物ができるオンラインショップで、PC関連商品やカメラなどの電子機器の取り扱いが豊富だ。

  icon-group Monappy(モナッピー)

モナッピーはモナコインのコミュニティでウォレットとしてモナコインの入出金も可能なポータルサイトだ。モナコインに関連することだけでなく、様々な情報交換やイラストの投稿が行われている。ユーザーに投げ銭としてモナコインを送ることも可能だ。

モナコインが使える「Monappy payment」と言ったモナコインで商品が売買できるストアもある。

 icon-mobile チップモナ(tipmona)

チップモナはモナコインを対象のTwitterアカウントに送金することができるサービスだ。必要なのはTwitterアカウントだけで、ウォレットの作成から送金、残高の確認まで行うことができる。Twitterで投げ銭でのコミュニケーションを取ることが可能だ。

 icon-shopping-cart パソコンショップ ark

arkは秋葉原にあるパソコンショップで、店舗でもオンラインショップでもモナコインによる支払いを受け入れている。

これらに代表されるように、モナコインは決済や送金のプロダクトが他の仮想通貨より充実しており、実用化が進んでいる。モナコインによる支払いを受け入れる店舗も今後さらに増えていくだろう。

活発なモナコイン・コミュニティ

モナコインはインターネット掲示板2ちゃんねるを発祥とする仮想通貨で、2ちゃんねるユーザーをはじめとしてモナコインに愛着を持っているユーザーの普及活動が活発だ。彼らはモナコイナーとも呼ばれる。

MonappyやAskMonaなどのコミュニティサイトでの交流や、投げ銭でのコミュニケーションが盛んで、ユーザー間で資金を出し合って広告やCMを出すような動きもある。

ユーザーが愛着を持ち、普及に向けて積極的に活動をするようなコミュニティがあることは他の仮想通貨にはないモナコインの強い特徴だ。

モナコインの相場チャート

2017年はじめには1MONA=約3円程度だったモナコインだが、同年12月には2,000円を突破し600倍以上の価格高騰を見せた。その後、仮想通貨市場の落ち込みの影響をモナコインも受け、2018年3月10日現在は450円前後を推移している。
一時、1MONA=2,000円を突破していたモナコインだが、現在は価格を落としている。仮想通貨の全体的な落ち込みが要因とはいえ、モナコインの将来性はどうだろうか。

モナコインの将来は有望

モナコインの将来性は数ある仮想通貨の中でも有望と言えるだろう。少なくとも今後数年間に消滅をしてしまうような将来性のない通貨ではない。

その決済処理能力の高さから国内のオンラインショップや店舗での支払い手段としての受け入れが進み、使用用途の拡大が見込める。日本への外国人旅行客も増えており、モナコインの取引が国際的に広まる可能性もある。

また、チップモナ(tipmona)に代表されるようなモナコイン投げ銭サービスが、eSportsにも採用されるなど決済以外の用途の拡大も期待できる。

モナコインのアップデートも続けられている。今年1月、モナコインはアトミックスワップ(Atomic Swap)を成功させたと発表した。アトミックスワップは取引所を介することなく、異なる仮想通貨同士の取引がユーザー間でセキュアに完結できる技術だ。様々の仮想通貨がこの技術の導入を目指している中、ビットコイン、ライトコインに次いで3番目にモナコインが成功した。

もちろん乗り越えなければいけない壁もある。モナコインの取引の約70%程が日本での取引だ。海外での認知はまだまだ小さい。モナコインの経済圏を大きくする上で海外仮想通貨取引所への上場を増やし、グローバルな仮想通貨として普及することが必要とされている。

モナコインはネタコインとして生まれたが、ライトコインをベースにした基本性能の高さと新技術への適応の早さ、コミュニティの活発さ、決済や投げ銭などの実用性の高さが将来有望とする理由となっている。

モナコインが買える取引所

モナコインを取り扱う国内の仮想通貨取引所は、Zaif、bitFlyer、bitbank、Fisco、BitTradeの5つだ。海外の取引所でもいくつか取り扱いがあるが、有名なのは Bittrexだ。

 icon-building bitFlyer(ビットフライヤー)
bitFlyerはビットフライヤー社が運営する仮想通貨取引所だ。金融業界出身者である経営陣によって運営がされており、三菱UFJ銀行やみずほ銀行グループなどの大手金融機関からも出資を受けるなど信頼性は群を抜く。

 icon-building Zaif(ザイフ)とは
Zaifは大阪のテックビューロ社が運営する仮想通貨取引所だ。モナコインの取引手数料は最大で0.1%と低く、使いやすい取引所として利用ユーザーを増やしている。モナコインの取引だけでなく、追証のないビットコインFX、AirFXもおすすめ。

 icon-building bitbank(ビットバンク)とは
bitbankはビットバンク株式会社が運営する、仮想通貨の安全を最大限に考えたトレードを行いたいプロ向けの仮想通貨取引所だ。セキュリティ対策も万全で、資本も11億円以上あり企業としての安心感がある。

 icon-building Fisco(フィスコ)とは
フィスコ仮想通貨取引所は、金融情報の配信会社であるフィスコが運営する取引所だ。

 icon-building BitTrade(ビットトレード)とは
ビットトレード株式会社が運営するBitTradeは、他の取引所と比較して取引量が少なく小規模な運営だ。

 icon-building Bittrex(ビットトレックス)とは
Bittrexはアメリカに拠点を置く仮想通貨取引所で、国内の取引所とは比較にならない程、アルトコインの取り扱いが豊富だ。日本円での取引はできないが低い手数料もBittrexを利用するメリットのひとつだ。

モナコインの買い方、取引の方法

ここでは、モナコインの取引が多いbitFlyerとZaifでの登録とモナコインの買い方と取引の方法を紹介していく。

bitFlyer(ビットフライヤー)の登録とモナコインの買い方

bitFlyerでモナコインを購入するには、どの仮想通貨取引所でも同じだがアカウントの作成が必要だ。まずは、公式サイトでメールアドレスを登録し、アカウントを作成する。

bitFlyerではウォレットクラスとトレードクラスの2つのアカウントクラスがある。アカウントを作成したばかりだとウォレットクラスとなり、そのままの状態では仮想通貨の取引はできない。求められた個人情報を登録することでトレードクラスになり、仮想通貨の取引ができるようになる。取引が開始できるまで平均1週間程度かかるだろう。

トレードクラスになれば、モナコインの購入までは簡単だ。bitFlyerへの入金を済ませ、サイトのアルトコイン販売所にアクセスしモナコインを購入するだけだ。bitFlyerでのモナコイン取引は販売所形式になるためすぐに購入ができる。

bitFlyer公式へ

 

Zaif(ザイフ)の登録とモナコインの買い方

Zaifでモナコインを購入するにも、まずはメールアドレスを登録し、アカウントを作成することが必要だ。必要とされる全ての個人情報を入力することで1週間程度で仮想通貨取引が開始できる。

Zaifのモナコイン取引は取引所形式だ。bitFlyerでの販売所形式では、ユーザーがbitFlyerからモナコインを購入するのに対して、ZaifではZaifが仲介をする形で、他のユーザーとモナコインの売買を行う。

モナコインの取引画面に進み、希望する1MONAあたりの購入価格と購入する量を入力し金額を確認、買い注文を出す。入力した購入価格と同じかそれ以下の価格で他のユーザーがモナコインを売りに出していれば取引成立だ。取引が成立するまでいつでも注文を取り消すことができる。

Zaif公式へ

国産の仮想通貨として注目を集めるモナコイン。その性能やコミュニティの活発さ、現段階での実用性の高さは申し分ないだろう。今後、国際的な仮想通貨として普及できるかどうかが価値を高める鍵となってくる。

  icon-desktop モナコイン以外の仮想通貨取引も 

人気の仮想通貨取引所を紹介。使いやすさやセキュリティにも優れた取引所です。

 icon-btc bitflyer – ビットフライヤー
bitflyerは国内ビットコイン取引NO.1の仮想通貨取引所です。金融業界出身者による経営陣により運営がされており、三菱UFJフィナンシャル・グループ、みずほグループ、三井住友銀行グループなどの大手金融グループからの出資も受けています。

 icon-building GMOコイン
インターネット関連事業を行う東証1部上場企業、GMOインターネット株式会社が運営するGMOコイン。多様なテクニカル指標と取引方法が可能なのが特徴。

 icon-eur Zaif – ザイフ
Zaifはビットコインだけでなく、ネムやリップル、モナコインなどのアルトコインの取り扱いが豊富な仮想通貨取引所です。AirFXでは現物取引に近い形で最大25倍のレバレッジ取引が追証なしで可能となっています。