コインチェックが2月13日に日本円の出金再開を発表、再開後の仮想通貨市場の動きは

仮想通貨NEMの不正流出から仮想通貨取引所としての機能を停止しているコインチェックが、2月13日に日本円の出金を再開すると発表した。

コインチェックでは、仮想通貨NEMの不正流出事件が発生した1月26日から、顧客の資産保護と不正流出の原因究明のために、日本円を含む全ての通貨の出金を停止していた。

日本円の出金再開の一方、仮想通貨の取引や出金については引き続き停止され、技術的な安全性等の検証後、安全が確認でき次第再開する予定とのことだ。

不正流出したNEMは、匿名性の高いダークウェブサイトを介して、既に他の仮想通貨に交換が行われており、5億円近いNEMが既に交換された疑いがあると一部メディアは報じている。

コインチェック、2月13日に日本円出金を再開

仮想通貨NEMの不正流出により、仮想通貨取引所としての機能を停止しているコインチェックが、2月13日に日本円出金を再開すると発表した。発表内容は以下の通りだ。

・本件はお客様が保有する日本円の出金に関する案内であり、NEMの不正送金に係る補償の支払いではない。
・出金処理は申請順に対応する。そのため、指定口座への着金まで時間がかかる場合がある。
・申請内容の確認が必要とコインチェックが判断した場合、別途連絡をする場合がある。
・現時点で判明していない問題等が確認された場合、予告なく再開を見合わせる。

仮想通貨の取引や出金については、現在も安全性の検証と確認を行っているため見合わせるとのことだ。技術的な安全が確保され次第、再開するという。

仮想通貨の取引、出金は引き続き停止

日本円の出金が再開されるとのことで、問題は一定の進展を見せた形だ。しかし、ユーザーの多くは資産を仮想通貨にして保管しており、日本円の割合はそう高くはないと予想される。ユーザーにとっては資金の大部分をしめる仮想通貨の出金が再開するまで安心できない状況だ。

また、コインチェックの日本円出金再開が相場にどう影響するのかも注意が必要だ。日本円の出金額はそう大きくはなく、相場への影響は限定的という見方が支配的であるが、出金再開後にユーザーがどのような動きをするかは予想が難しい。

仮想通貨市場に衝撃を与えたコインチェックの不正流出問題だが、仮想通貨の取引・出金の再開やユーザーへの補償など。問題の清算までは長い道のりが残っている。

  icon-desktop 仮想通貨取引を始める 

人気の仮想通貨取引所を紹介。使いやすさやセキュリティにも優れた取引所です。

 icon-btc bitflyer – ビットフライヤー
bitflyerは国内ビットコイン取引NO.1の仮想通貨取引所です。金融業界出身の経営陣により運営がされており、三菱UFJフィナンシャル・グループ、みずほグループ、三井住友銀行グループなどの大手金融グループからの出資も受けています。

 icon-building GMOコイン
インターネット関連事業を行う東証1部上場企業、GMOインターネット株式会社が運営するGMOコイン。多様なテクニカル指標と取引方法が可能なのが特徴。

 icon-eur Zaif – ザイフ
Zaifはビットコインだけでなく、ネムやリップル、モナコインなどのアルトコインの取り扱いが豊富な仮想通貨取引所です。AirFXでは現物取引に近い形で最大25倍のレバレッジ取引が追証なしで可能となっています。