SBIクリプトカレンシーホールディングスがICOを検討、来年度の実施に向けて始動を開始

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

SBIホールディングスは、子会社のSBIクリプトカレンシーホールディングスにおいて、仮想通貨を用いて資金調達をするICO(Initial Coin Offering)計画を明らかにした。

第3四半期SBIホールディングス株式会社決算説明会において、北尾吉孝社長は、仮想通貨関連事業を担うSBIクリプトカレンシーホールディングスにて『模範的なICO』を実現させ、2018年度中のICO実施に向けて準備を進めると述べた。

SBIクリプトカレンシーホールディングスは、SBIの仮想通貨関連事業を取りまとめる持株会社で、仮想通貨取引所事業のSBIバーチャル・カレンシーズやマイニング事業のSBI Cryptoなどが傘下にある。

2018年度に発行予定のトークンは2種類


決算資料によれば、2018年度に実施予定のICOによる発行されるトークンは2種類と発表されている。それぞれ、SBIクリプトカレンシーホールディングスのサービスや資産に裏付けられたトークンを発行するとされている。

Service-backed token

Service-backed tokenは、SBIクリプトカレンシーホールディングス傘下の各企業が提供するサービスを裏付けとするトークンだ。

トークンの保有者はその保有量に応じて、SBIクリプトカレンシーホールディングスが提供するサービスを、無料または好条件で一定期間利用できる設計とされる。

Asset-backed token

Asset-backed tokenは、SBIクリプトカレンシーホールディングス傘下の各企業が保有する資産や知的財産を裏付けとするトークンだ。発行企業の価値とトークンの価値は連動しており、知的財産資産(IP)を含む全ての資産に裏付けされる。

SBIクリプトカレンシーホールディングス傘下企業の上場時のキャピタルゲインを、トークンの保有量に応じて一部分配することも検討されており、株式に近いトークンと想定される。

SBIホールディングスは模範的なICOを成功させ、仮想通貨市場をリードできるか

SBIクリプトカレンシーホールディングスのICOが実現すれば、国内では最大規模のICOになる。傘下には仮想通貨取引所の取引開始を控えるSBIバーチャル・カレンシーズ社もあり、SBIホールディングスにとって2018年は本格的な仮想通貨市場への参入の年になりそうだ。

北尾吉孝社長は、決算説明会において『模範的なICOを作っていく』と発言した。仮想通貨取引所コインチェックのハッキング事件で暗雲が立ち込める仮想通貨市場の健全化をリードしていく考えだ。今度の動きに注目が集まる。

  icon-desktop 仮想通貨取引を始める 

人気の仮想通貨取引所を紹介。使いやすさやセキュリティにも優れた取引所です。

 icon-btc bitflyer – ビットフライヤー
bitflyerは国内ビットコイン取引NO.1の仮想通貨取引所です。金融業界出身の経営陣により運営がされており、三菱UFJフィナンシャル・グループ、みずほグループ、三井住友銀行グループなどの大手金融グループからの出資も受けています。

 icon-building GMOコイン
インターネット関連事業を行う東証1部上場企業、GMOインターネット株式会社が運営するGMOコイン。多様なテクニカル指標と取引方法が可能なのが特徴。

 icon-eur Zaif – ザイフ
Zaifはビットコインだけでなく、ネムやリップル、モナコインなどのアルトコインの取り扱いが豊富な仮想通貨取引所です。AirFXでは現物取引に近い形で最大25倍のレバレッジ取引が追証なしで可能となっています。

シェア