【ビットコイン・仮想通貨相場】1月16日-大幅な暴落、中国の規制は仮想通貨を冬の時代へ突入させるか

2018年1月16日のビットコイン・仮想通貨相場は、中国における仮想通貨の規制への懸念から全面安となっており、価格が暴落した。

仮想通貨市場は不安に包まれており、一部のメディアはバブル崩壊の始まりとも報道している。

2018年1月16日のビットコイン・仮想通貨相場

ビットコインは1BTC=150万円前後にまで価格を落とし、147万円から150万円の間を推移している。高騰を続けていたリップルも170円前後にまで価格を落としており、仮想通貨市場から資金が引き揚げられた印象を受ける。

※その後、さらに価格を下げ、ビットコインの価格は130万円台まで下落した。

仮想通貨市場は非常に厳しい状況に突入している。1月は明るいニュースが少なく、市場の不安が広がる中、さらに価格を落とす可能性も大きい。

今回の仮想通貨市場の価格暴落は、中国の仮想通貨に関する規制の動きが影響していると見られている。

以前より中国は仮想通貨への規制を行ってきたが、さらなる規制の動きが懸念として売りが加速した。

中国人民銀行の副総裁が、仮想通貨取引を禁止するべきと発言

中国人民銀行の潘功勝・副総裁は、仮想通貨の取引や個人・企業が提供する仮想通貨関連サービスを禁止すべきとの見解を示した。【16日 ロイター】


中国政府は既に、中国におけるICO(新規仮想通貨公開)を禁止し、仮想通貨取引所を閉鎖している。さらにビットコインのマイニングも規制の動きを見せており、仮想通貨に対してより一層の取り締まりを強化することが想定される。

潘功勝・副総裁はさらに、個人や企業が提供している仮想通貨関連のサービスの規制をするべきと発言した。

そして、中国ユーザー向けに仮想通貨取引サービスを提供する国内外のWEBサイトやアプリへのアクセスを遮断し、仮想通貨決済サービスも規制するべきと中国から仮想通貨を締め出す考えを示した。

中国政府は、国内の資金が海外へ流出することに対して大きな懸念をもっており、海外に資金を移動させるサービスについて調査が必要とも指摘した。

仮想通貨市場における中国の影響力を改めて認識

中国の仮想通貨市場における影響力は以前よりも小さくなってはいるものの、今回の暴落で未だに中国の存在が大きいということが分かる。

今後、中国の仮想通貨へのさらなる規制の動き次第で、仮想通貨の価格に大きい変化があることが予想される。

  icon-desktop 仮想通貨取引を始める 

人気の仮想通貨取引所を紹介。使いやすさやセキュリティにも優れた取引所です。

 icon-btc bitflyer – ビットフライヤー
bitflyerは国内ビットコイン取引NO.1の仮想通貨取引所です。金融業界出身の経営陣により運営がされており、三菱UFJフィナンシャル・グループ、みずほグループ、三井住友銀行グループなどの大手金融グループからの出資も受けています。

 icon-building GMOコイン
インターネット関連事業を行う東証1部上場企業、GMOインターネット株式会社が運営するGMOコイン。多様なテクニカル指標と取引方法が可能なのが特徴。

 icon-eur Zaif – ザイフ
Zaifはビットコインだけでなく、ネムやリップル、モナコインなどのアルトコインの取り扱いが豊富な仮想通貨取引所です。AirFXでは現物取引に近い形で最大25倍のレバレッジ取引が追証なしで可能となっています。